国家資格取得するのは難しい?

宅地建物取引主任者は宅地建物取引業者の一部の業務を独占する国家資格です。
ですから国家試験を受験して合格する必要があります。
宅地建物取引業者は、一般的には不動産業者と呼ばれることが多いようです。
宅地建物取引主任者という資格が作られたのは、宅地建物の取引が公正に行われるためです。
宅地建物取引主任者は業務独占です。
独占している業務内容としては、宅地建物の契約を締結する前に、物件と契約内容に関する書面を交付して説明を行うという事です。
この書面には、まず重要事項説明書というものがあります。
重要事項説明書は不動産の表示や登記された権利の種類や内容、水道やガス、電気の供給施設の整備状況、売買代金以外に授受される金額とその目的など、非常に多くのものがあります。
賃貸マンションに住んだことのある人なら重要事項説明を受けているはずですから、記憶にある人も多いでしょう。
そのときに説明をしていた人が宅地建物取引主任者なのです。
重要事項説明書とともに契約内容記載書に記名して押印する必要があります。
宅地建物取引主任者は必置資格でもあります。
つまり、宅地建物取引業を営むためには宅地建物取引主任者の資格を持った人を一人置かなければならないのです。
国家試験の中では最大規模の試験だといわれていますが、この資格を必要とする業種が多いために受験者数が多くなるようです。
合格率は10%台と低いものですが、受験者数の多さから考えれば、この合格率だけを見て難易度が高いとは言えないでしょう。
医療事務資格取るための勉強法とは?【独学では合格できない?】