アコムのおまとめローン審査って厳しい?流れを知りたい!

アコムのおまとめローンを利用することで月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者からアコムのおまとめローンを借りるとしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

おまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようで借り換えローンという商品名でアコムのおまとめローンを提供している金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査され問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報は過去および現在の借り入れ状況を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

おまとめローンの手続きを効率よく進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必須になる書類には本人確認書類があり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融でアコムのおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などで、特殊な書類となりますのでおまとめローンの利用を検討している場合、早めに用意しておくことをおすすめします。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や返済だけしかできないカードローンだということです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とはおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますがアコムのおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからアコムのおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

ですから、アコムのおまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば支払総額を増やさなくても、毎月の返済を楽にできます。

引用:アコムおまとめローン審査は?借り入れの流れ【総量規制は?】

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたアコムのおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に使えない可能性があります。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

アコムのおまとめローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない理由を自己分析する必要があります。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが平均レベルに達していれば審査落ちする可能性は低いです。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

おまとめローン利用者は多重債務者なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はアコムのおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでアコムのおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

複数の金融業者から借金をしていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なので積極的に利用することをおすすめします。

アコムのおまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンで複数から借金していることが原因です。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

おまとめローンのサービスがある金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のアコムのおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

ちなみに、多重債務者の方はアコムのおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

又、アコムのおまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますからおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。