保険は必要かどうか?

海外旅行に行った時など突然ですが体調を崩したり思わぬケガをしたりすることがありますよね。
このようにして病院を受診しなければいけなくなる事があると思います。
(汗) 平成13年の1月からこう言った海外でうけた治療についても保険給付されるようになっています。
一定の条件を満たしていることで海外の医療機関で病気やケガの治療を受けた時に、帰国してから手続きをすれば支払った分の医療費の一部を払い戻してもらう事が出来ます。
支給を受ける事が出来るのは、日本国内でも国民健康保険の保険適用が認められている医療行為だけとなっています。
「高額な歯科材料」、「歯列矯正」、「美容整形」、「保険適用外の診療」などは日本国内での治療同様に保険適用がされません。
<海外療養費の金額について> 日本国内で同じような病気やケガをして国民健康保険において治療を受けた時の基準を基にしています。
それで決定しています。
支給額が算定された時は、支給が決定した日の外国為替換算率を使うことになります。
※「診療内容明細書」 ※「領収明細書」 これらの書類をもらって海外へ持参すると良いです。
※海外で医療機関を受診した場合は、医療機関へ治療費を全額支払ってから領収書をもらいます。
※更に担当した医師に「診療内容明細書」と「領収明細書」の記入をしてもらいます。
帰国したら国民健康保険の窓口へ行きます。
海外療養費払い戻しの手続きをしてください。